不動産を購入するには

浜松中古マンション・土地購入情報ユアエージェント ホーム > 不動産購入の手引き > 不動産を購入するには

初めて不動産を購入するって色々不安も多いですよね。
ユアエージェントはお客さまの視点で親切で分かりやすく安心して取引していただけるよう心がけております。

売買専門エージェントブログ 「不動産入門塾・購入編」 では、不動産の購入について、さらに詳しく解説しています!

物件を選ぶ

1.資料取り寄せ

新聞や情報誌、不動産会社などから物件資料を集めます。

今や多種多様!

新聞や情報誌、インターネットまで色々な媒体があります。
しかし、情報誌やインターネットなど一般には公開されていない不動産情報もございます。
物件の情報を集めるのも私達プロにお任せ下さい。

2.物件見学&取材依頼

気になる物件がございましたら、実際にご覧いただきます。また、遠方のお客様や、ご都合により すぐにご覧いただけない場合など、Your Agentでは「物件取材サービス」 も無料で行っております。
これはお客様に代わり、物件を撮影しメールでお送りするサービスです。 どなたでもご依頼いただけますので、お気軽にご利用ください。

メモを忘れずに

物件見学の際は、デジタルカメラで撮影したり、特徴をメモしておきましょう。気になる所は 遠慮せず、しっかり質問してください。ご予算、資金計画についてもご相談下さい。
Your Agentでは税理士無料相談もございます。

税理士無料相談サービス

物件を決め契約する

3.購入申し込み

購入する物件が決まったら、買受申込書を売主に提出します。
ここで契約日、手付金などの契約条件を売主との間で調整します。

申し込みは先着順!

申し込みは先着順です。不思議なもので申し込みが重なる時は重なります。 購入を決断されましたら早めに申込書を提出しましょう。

4.不動産購入に必要な諸経費

不動産を購入するにあたり、物件の価格とは別に諸経費が必要になります。
主な諸経費の種類は次のとおりです。

収入印紙代
物件の契約金額により異なります。契約金額が1,000万円超5,000万円以下の場合15,000円です。
所有権移転登記費用
登記費用には登録免許税と登記手続きを行う司法書士に支払う手数料があります。
仲介手数料
物件価格×3%+60,000円+消費税になります。
固定資産税・都市計画税
1年分の固定資産税・都市計画税を引渡しを受ける月により月割按分とします。
不動産取得税
不動産を購入した場合必要な都道府県税です。マイホームを購入した場合には軽減措置があります。

また、銀行ローンを利用する場合には金融機関に支払う諸経費が必要になります。金融機関や利用するローンの金額、期間により金額は異なります。

  • 銀行ローン関係諸経費
  • 融資手数料
  • 収入印紙代
  • 抵当権設定登記費用
  • 火災保険料

その他、マンションの場合は毎月々次のような費用があります。

管理費
マンションの所有者で設立する管理組合に支払う費用です。共用部分のメンテナンスにあてる費用です。
修繕積立金
マンションの共用部分の大規模な修繕のために積み立てる費用です。
駐車場使用料
マンションの駐車場を利用する人から徴収する費用です。

納得いくまで聞いて

実際に諸経費としてどのくらい必要になるか、あるマンションを事例に計算してみました。※銀行ローン関係諸経費は金融機関により異なりますので省略しております。

  • [所在] 浜松市中区○○町
  • [築年数] 築15年
  • [構造] 鉄筋コンクリートマンション
  • [価格] 1,800万円
購入時諸経費(銀行ローン諸経費は除く)
合計 895,000円
収入印紙代 15,000円
所有権移転登記費用 150,000円
固定資産税・都市計画税(年額) 100,000円
仲介手数料 630,000円

以上のとおり、購入時に物件価格とは別に諸経費が約90万円が必要になります。
また、マンションの場合は毎月必要な諸経費にはローン返済金に加え、以下の費用などが必要となります。

マンションの場合の追加費用
管理費 9,000円
修繕積立金 5,300円
駐車場使用料 6,500円

5.重要事項説明

購入する不動産について、宅建業法に基づきエージェントがご説明いたします。

納得いくまで聞いて

専門用語の多い重要事項説明書ですが、納得いくまでしっかり説明を受けましょう。

6.売買契約締結

売主および買主間で売買契約を締結し、売主に手付金を支払います。

気が変わっても…?!

契約を締結した後は簡単に内容を変更することはできません。契約書の記載事項を十分に確認してください。また合意した内容が契約書にきちんと盛り込まれているか確認しましょう。 契約を締結してから「やっぱり気が変わったから契約を白紙にする」ということになると手付金は戻ってきません。

住宅ローンを申し込み、引き渡しを受ける

7.住宅ローン申し込み

契約締結後、銀行へ融資の申し込みをします。
住宅ローンは契約前に事前相談をするケースが多くあります。

8.住宅ローン承認

申し込み後1週間から2週間ぐらいでローンの承認がおります。
契約書に定めた期間内に融資の承認が下りない場合は契約は白紙になります。

9.金銭消費貸借契約

銀行と買主様と直接借入額、金利、借入年数等につき契約します。

10.お引き渡し

銀行ローン実行と同時に所有権の移転を行います。
この際、銀行、司法書士、売主、買主、仲介業者が立会います。

いよいよ引渡しです。

これで取引完了です。購入物件はあなたのものに。
新しい生活をスタートしましょう!

購入希望のご相談はこちらから

ご予算や地域はもちろん、どんな生活がしたいなどご家族皆さんのご希望もお教えください。

毎朝物件情報更新中!非公開物件数70%以上 今すぐ無料で会員登録

このページの先頭へ

会員ログイン 会員登録

会員ログイン・新規会員登録