不動産を売却するには

浜松中古マンション・土地購入情報ユアエージェント ホーム > 不動産購入の手引き > 不動産を売却するには

大切な不動産のご売却。
ユアエージェントでは、誠実にお客さまの大切な財産のご売却をお手伝いさせていただきます。

売買専門エージェントブログ 「不動産入門塾・売却編」 では、不動産の売却について、さらに詳しく解説しています!

ご依頼~査定

1.売却物件のヒアリング

売却物件を内見させていただきます。 ご希望条件や売却の理由などをお聞かせください。

売却理由は包み隠さず

売却の理由はマイナスポイントでもお話しください。

2.査定調査

物件の調査を役所などで実施します。 調査結果に基づき査定書を作成します。

高ければ良い?

複数の不動産業者に依頼をすると、売却を受託したいがために 高い値段で査定をする業者もおります。冷静に売却できる価格を判断しましょう。

媒介契約~見学

3.媒介契約

査定結果に基づき売却金額を決定します。 売却金額が決まりましたら媒介契約を締結します。


税理士無料相談サービス

不動産業者をよく吟味して!

媒介契約には専属専任、専任、一般の3種類がございます。
不動産業者をよく吟味し、専属専任または専任媒介契約されることをおすすめします。

4.販売活動

お預かりした物件を売却するため、各方面への販売活動を行います。Your Agentの場合

  • 不動産流通機構への物件情報登録
  • 販売資料の作成
  • 弊社ホームページへの掲載
  • ブログやメールマガジン等での紹介
  • 情報誌などへの告知
  • 金融機関や同業者への紹介
  • 物件周辺への営業

迅速な対応が必須!

今の時代「情報の発信力」「スピード」が大切。座って待っているだけの不動産屋さんでは・・・。

5.物件見学

お問合せいただいた方に、物件を見学していただきます。

部屋の整理・お掃除も重要です。

居住中のお部屋を見ていただく場合もありますので、お部屋の整理やお掃除が重要です。見学される方によい印象を与えましょう。

買受申し込み~引き渡し

6.購入申込み

購入検討の方が購入を決められたら、買受申込書が提出されます。申込書の提出をうけ、契約金額や引渡条件などを調整します。契約金額や契約条件などは、仲介業者の意見を参考にしてください。

7.重要事項説明、売買契約

売却の条件が整いましたら、仲介業者が購入される方(買主)に重要事項説明をします。
買主様と売買契約を締結します。契約と同時に手付金を受領します。

気が変わっても…?!

契約を締結すると、途中で気が変わったとしても簡単にキャンセルができません。手付金の倍返しなど違約金が発生してしまいます。 ただし、買主の方の融資が不承認の場合、契約は白紙になります。

8.お引越し

売却物件にまだ住んでおられる場合は、お引き渡し前にお引っ越しをお願いします。
お引き渡しをする物件を、売主買主双方でしっかりと確認をします。

現状を正しく伝えて

設備や建物の不具合などがある場合は、仲介業者や買主の方にしっかりと伝えましょう。

9.お引き渡し

買主の方の融資実行と同時に物件のお引き渡しをします。
お引き渡しは、通常買主の方のローン取扱金融機関にて行います。

その後は、以下のような手順を同時に進行し、無事売却が終了します。

  1. 買主の方より残代金を振込みにて受領する
    (住宅ローンなどが残っている場合は返済の手続きも行う)
  2. 抵当権などが付いている場合は抹消登記をする
  3. 買主の方に所有権移転登記をする
  4. 物件の鍵を買主の方に渡す

不動産売却のご相談はこちらから

住まいの買換えや眠っている資産の活用、お手持ちの不動産をこれから売却しようと思ったらまずは不動産のプロへご相談ください。

毎朝物件情報更新中!非公開物件数70%以上 今すぐ無料で会員登録

このページの先頭へ

会員ログイン 会員登録

会員ログイン・新規会員登録